« 約12時間後には全てが決する | トップページ | 教訓が生かされた勝ち点3 »

pain or gain?

題名の通りアーセナルとしてみてpain(痛い勝ち点1)なのかgain(得た勝ち点1)なのか皆様はどちらとおとりでしょうか?どちらともいいようのない感じですが。アーセナルは流れの悪い中ナスリからファンペルシがまたもや右足でゲット。トラップと体制の崩れ方からしてもカラガーもまさかというような感じでした。彼には左足のイメージが強いので左を切りに行こうとしていたようにも見えましたが、ハーフボレーはうまくいきました。ですがクリアーボールをキーンに裏を完全につかれ、これもハーフボレーでうまく枠に入れて同点。しかしロスタイムの接触でファブレガスを失うことになります。代わって入ったのはディアビ。後半もリヴァプールペース。アルムニアがなんとか防ぐシーンもめだちましたがアデバイヨールが相手に肘をふったようにみられ前半でもらっていたイエローと合算でレッド。これがこの試合のターニングポイントのような気もしますし、ファブレガスがいなくなった中盤に前線のための無くなったアーセナルはなすすべがありません。リヴァプールの猛攻にさらされますが、後一歩のところでギャラスが、ソングが、デニウソンが、クリシが、といったようになんとか足や体に当てます。わずかなチャンスも足が動かないのかなかなか決定機にまではもっていけないままタイムアップ。

ギャラスは凡ミスはありましたが、彼らしいプレーもありましたし、少しずつは改善されているのでしょうか?キャプテンとしては疑問符が付きますが、選手としては一級選手ですからそこらへんはきっちり見ないといけませんし、彼に失礼です。ジュルもなんとかやっていました。オフサイドラインをどこにするかというところの話し合いをしないと危ない。前半もキーンを何回か裏でオフサイド無しでもらうシーンもありましたし、そのうちの一つが得点シーンでした。これは本当になんとかしないと次戦のビラはここを突いてくるのは目に見えてますし、前回対戦でもそうでした。

クリシも前半の接触プレーから足を気にしていましたが、後半は大丈夫でした。というより気合いで乗り越えていたのでしょうかね。これで次にアデバイヨールはアウト。ファブレガスもアウトでしょう。このままいくとベントナーが入る予定ですが、今日は風邪を引いてベンチにも居ませんでしたが大丈夫なのでしょうか。次は金曜日にアウェイで好調ビラと対決しますが、勝てる確立は非常に低いと思いますね。厳しい冬の戦いがまだ続きます。

|

« 約12時間後には全てが決する | トップページ | 教訓が生かされた勝ち点3 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/26390247

この記事へのトラックバック一覧です: pain or gain?:

« 約12時間後には全てが決する | トップページ | 教訓が生かされた勝ち点3 »