« ロンドンダービー | トップページ | ビッグクラブの課題 »

キャプテン交代に思ふ

毎日更新できるようにしていきたいと思います。身体的にも精神的にもしんどいこの時期にブログを書くと言うことでモチベーションを維持していきたいです。

遅ればせながらアーセナルのキャプテンの人事について少し書いて寝たいと思います。

ギャラスは気性の荒いタイプだと思います。だからこうなるようなことはあり得るかなと思いましたが、ここまでシーズン中に報道されるとは思いませんでした。たばこをとってみるとやはりキャプテンとしての振るまいとしてはいかがな物かと思いました。チームメイトを叱咤激励をいい意味でするのではなく激励ではなく彼は批判をしてしまいました。これは本当にいけないことだと思いますし、これに反省した声明を出していません。セスクに任したのはベンゲルのポリシーに沿っていると思います。年が離れているキャプテンではまとめれるかもしれませんがそれはリスペクトされた上での話ですがそこまでギャラスはされていたのかというとそうでないと思います。実力はありますが集中力を欠いた緩慢なプレーが目立っていたこともあります。ディナモキエフ戦では彼の顔色に覇気は感じられず、何か後ろ髪を引かれているような感じがしました。しかしチェルシー戦では少し彼らしい顔色やプレーが戻ってきているように見えました。あとは若いチームをセスクを中心にひとつにしていかなくてはなりません。

インフルエンザが流行しはじめるらしいので皆様お気を付けてください☆彡ではおやすみなさい★

|

« ロンドンダービー | トップページ | ビッグクラブの課題 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/25855826

この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン交代に思ふ:

« ロンドンダービー | トップページ | ビッグクラブの課題 »