« ドゥドゥが戻ってきた | トップページ | 組合わせ抽選会 »

日本が夢見た一瞬 そして現実

ユナイテッドとガンバ。ヨーロッパ王者対アジア王者という戦いに胸躍らせた人も少なくないでしょう。結果は5-3ガンバがよく頑張ったという人もいるでしょう。感動を与えたという人もいるでしょう。ガンバの選手達はよく頑張りました。遠藤のコロコロPKも決まり播戸も惜しいシュートを打ちました。山崎、橋本もシュートをネットに突き刺しました。しかしユナイテッドは前半に2点をとり楽勝ムードで戦っていたのも事実です。プレスが緩く、いつものユナイテッドではなかったのも事実です。1点獲られると目の色を変えたように猛攻し3点を奪いあとは流していたように思えます。集中力を欠いたギッグスのヒールパスのミスからの橋本の点でした。明らかに走る量は少なかったです。この試合を流して決勝で勝ってプレミアへという思いを持っていたのではないでしょうか。ロナウドが自分にあたってコーナーキックになったときに上のカメラを指さしたのは明らかに試合に集中していない現れでしょう。そんな中でも勝ってしまうユナイテッドはプレミアやヨーロッパの誇りですね。アーセナルファンですがプレミア代表のユナイテッドを応援してしまいました。本当のサッカーをみしてもらいたかったですね。

試合内容はさておき、この対戦において日本メディアの加熱ぶりは異常ですね。7で遠藤とロナウドを比較したり、日韓対決といい遠藤とパクを比較ですか。遠藤にもロナウドにもパクにも失礼だと思いますね。リーグレベルが違いすぎるというのが一つあります。今日の試合でも実況のあの絶叫よう。何が楽しいのかわかりませんね。ユナイテッドが明らかに流しているのにあのいいよう。プレミアとかを見ているのですかね?あそこまでいわなくてもいいんじゃないかと思うようなところがたくさんありましたし。普段西岡さん、八塚さん、倉敷さん達の実況に粕谷さん、金子達仁さん、川勝さん達の解説を聞いているのがいかに幸せかがよくわかりました。

怪我人が出たらプレミアの方にも影響が出てしまうので心配なんですが、ヴィディッチは大丈夫なんでしょうかね。まあオフィシャルの発表を待ちましょう。ルーニーの足を荒げたのは安田が裏をみしてきたのにカチンときたんじゃないんですかね。彼は前のワールドカップでロナウドとありましたからね。リプレイをもっと映せばもっとわかったんですが…

日本人が見た一瞬の夢を打ち砕いたユナイテッドの力、ヨーロッパの力。これが現実なのです。夢を見る前に現実を見てそこからです。

|

« ドゥドゥが戻ってきた | トップページ | 組合わせ抽選会 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/26295842

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が夢見た一瞬 そして現実:

« ドゥドゥが戻ってきた | トップページ | 組合わせ抽選会 »