« 教訓が生かされた勝ち点3 | トップページ | reality »

2008年

今年もあと3時間もないです。本当に早く過ぎ去っていった12ヶ月でした。アーセナルがミランを撃破し後一歩で逃したCLベスト4。バファローズが怒濤の勢いでCS進出。清原和博引退。などといろいろあった今年一年でした。と楽しい物ばかりあげたのですが、大恋愛そして大失恋。一番濃かったのが9~12月です。本気で人を愛し、身を捧げ。しかしそれは実を結びませんでした。そのことで悩みましたし、結果的に結論に達したのは、別れというのは人を苦しませるだけでなく何かを気づかせてくれる物であるということも同時に気づきました。その付き合っている期間っていうのは夢の中にいたのかなと思いましたし、いつまでもその楽しい夢から覚めないように覚めないようにと自分のために自分のいいようにしていたんだと思います。そういうことをしていると相手はいい思いはしません。自分勝手にふるまっていると自然と相手は距離をおこうとなります。人ってだんだん知恵をつけていきます。そうするとずる賢くなります。何事も自分のいいようにいいようにしようとします。そうすると周りの人は減っていきます。辛くなるのは自分です。自分に全ては返ってくるのです。負の連鎖を続きます。でもどこかで切らないと悪化の一途をたどります。そうするには自分が変わればいいのです。強い意志をもって今までの自分を振り返り、来年自分を今年以上に大きくしていきたいと思います。本年もありがとうございました。来年からもこの乱雑な文ではありますが、一生懸命書いていくので見て貰えればありがたく思います。では皆様また来年お会いしましょう。

|

« 教訓が生かされた勝ち点3 | トップページ | reality »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/26679094

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年:

« 教訓が生かされた勝ち点3 | トップページ | reality »