« reality | トップページ | 08-09シーズン閉幕 »

Arsenalの課題

最近のアーセナルは勝っていますがなかなか内容が伴わない状況が続いています。
やはり選手層の薄さ、リーダーの不在等が上げられると思います。
FAカップの時の粕谷氏もご指摘にあったように
絶対的リーダーの不在というのが痛いのかなと思います。
チームが苦しいときに支え、鼓舞し、そしてその背中でチームを引っ張っていく
しかもチーム生え抜きの選手。
たとえばチェルシーのテリー。リヴァプールのジェラード。ユナイテッドのG・ネビル
ビッグ4と呼ばれる中でのアーセナルの生え抜きで彼らのような存在は?
と聞かれると答えが出ません。リーダーシップという意味ではかつていたフラミニに任しても良かったかなと思いますが現在は居ません。
ギャラスにはその能力がないことも分かりましたし、しかしビエラの話によると
彼は責任がないとモチベーションがあがらないだとか。
今その存在がいない。という現実を突きつけられても現在だけではどうすることも出来ません。
ビラに抜かれ5位。CL圏内も危うい状況でこの冬の補強に踏み切るとベンゲルは珍しくいいましたが、結局はアルシャビンに手間取りアンカーやDFにはまったく手を
付けれない状況で移籍シーズンを終わろうとしています。
このままだと真剣に危ない。
フラミニの穴は埋まらなかったですね。
ディアビ、デニウソン、ソング。彼らがファブレガスの相棒になりましたが、彼らには
ファブレガスの良さを引き出すことは難しいのかなと思います。
縦横無尽に駆け回り、後方から散らしていたと思いきや一気に前へ飛び出しゴールを狙う。こういう姿が常時じゃないんですよね。安定しないしデニウソンがよかったら
試合内容もいいし、勝利に直結する。それだけ重要なポジションであり選手でありました。しかしこれも後の祭りです。
前述の3人の出来不出来が今後のアーセナルを運命づけているといっても過言ではないのでしょうか?
次のウエストハムとのロンドンダービー以後落とせないというよりプレッシャーのかかる状況で戦って行かなくてはなりません。

|

« reality | トップページ | 08-09シーズン閉幕 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/27618996

この記事へのトラックバック一覧です: Arsenalの課題:

« reality | トップページ | 08-09シーズン閉幕 »