« 2008年 | トップページ | Arsenalの課題 »

reality

今日の試合は最近を象徴するかのような試合となりました。
セスクがいないとはやりこうなってしまうと思われてしまいます。
途中交代のベントナーがファンペルシのクロスにハーフボレーで先制しそのままリードの守り、逃げ切りに成功し勝ち点3を奪取しました。
中盤でなんとかやってくれているのがナスリです。
彼がいなくなると本当に危なくなりと思いますし、
ナスリが必死に中盤で作っていました。
これは今日の中盤の選手がひどかったというのがほとんどですが
デニウソンの横パス、バックパスが多いこと多いこと。
守備的なボランチというのもありますが、彼がいいときは攻めあがり
ビラ戦のようなゴールを決めるのですが、そのときは攻撃的なボランチだったと思いますが前任者のイメージが強いので物足りないという感じなんですよね。
エブエはどうしたいのかよくわかりません。ディアビのパスミスも多かったですし、彼は途中からナスリとポジションチェンジをして何とかましにはなりましたが、センターは繊細な技術をようするところなので彼のように荒削りな選手は厳しいですね。
キャプテンを務めたトゥレはなかなかよかったですね、声は出ていましたし
久し振りのミドルがありましたし。
彼がこのチームで兄貴分になる選手だと思いますし、アーセナルにいる経験が
今の若手達には足りないですし、ファイティングスピリットを注入してもらいたいです。
ファンペルシはまずまずの動きでしたね。体がキレているなと感じました。
惜しいシュートがありましたが枠に嫌われてしまいましたが最近の彼は右足での      シュートが磨かれているなと思います。チームで一番可能性のある選手でしょう。
対照的にアデバイヨルの不調ぶりが嫌な意味で目立ってしまっています。
フリーでのシュートのふりが大きくチャンスを逸してしまいました。
途中交代のベラはこのチームには居ないタイプなので流れが少し変わります。
しかし少しではなく大きく変えてもらいたいです。シュートに対する意識は          チーム一ですしあとは決めるだけですね。
こちらも途中交代のベントナー。エブエに変わってそのまま右サイドには行ってこれは
駄目かなと思っていたら、前述のように見事なハーフボレーを決めてくれました。
彼には好不調の波を無くしてもらいたいですね。なぜか右サイドに新境地を開拓していますね。彼の変わるきっかけになればいいと思います。
なんとかモノにした勝ち点3。前節と同様に低調な試合内容でしたがここで勝ち点3を奪って踏ん張ることが今のチームにとっては必要だと思います。今日のようなイギリスの天気同様に寒い内容になってはいけません。しかし今は結果がついているので何とも言えませんが、内容と結果なら結果をとります。チームはこんな時こそ我々が必要。
今こそチーム一丸。サポーターはチームについていく。
I Love Arsenal
WE Love Arsenal

|

« 2008年 | トップページ | Arsenalの課題 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/27009540

この記事へのトラックバック一覧です: reality:

« 2008年 | トップページ | Arsenalの課題 »