« 雰囲気に飲まれた若造 | トップページ | チームの逞しさ »

なんとか物にした勝ち点3

アーセナルはなんとか勝ったという感じですね。ベントナーが去年からの成長の跡を見せていますし、ウォルコットのコンディションも少しはましになった感じがして良かったです。ベントナーが入ると周りの負担が少し減るような気がします。特にアルシャビンが居るときは、彼を本来の位置できよう出来ますし、タメができるので前へ飛び出したりしやすくなります。ベンゲルも期待している大型FW、彼の存在が冬の補強をなくさせたようなものですし、俺が居るから大丈夫なんだ!というのをもっと見せてもらいたいですね。デニウソンはどこが適正のポジションなのか未だに分からないままです。中途半端というのか、バランスを上手いこととっているというかどうなのでしょうかね。自分の色をもっと出していってもらいたいですが、なかなか出せていないのが現状です。とりあえずディアビが戻ってくるまでアピールを続けてもらいたいです。アルムニアがいつも以上に安定して見えたのは、グナーがみんなそうだと思います。CLの後だったので余計そう見えたのかと。ベテランということもあって落ち着いたプレーとキックはまあまあでしたし、判断の良さが見えました。彼のプレーにも最近波があるというのは否めませんし、いい日はいい。悪い日は悪い。ではなくてもっと悪いからこうしようあーしようというのがもっと見えてもいいと思います。いろんなキーパーを見ていますが、アルムニアはまだまだもの足りません。キックにしても繋がるキックではなくて、クリアになっているような気がします。守備陣はギャラスが居ない中シルベストルがよく頑張ったと思います。オフサイド取り損ないなどありましたが、うまいことしていましたね。次はブリタニアでのストーク戦。去年の二の舞にならないように、きっちりと勝ちをもぎ取ってもらいたいです。

|

« 雰囲気に飲まれた若造 | トップページ | チームの逞しさ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/33505906

この記事へのトラックバック一覧です: なんとか物にした勝ち点3:

« 雰囲気に飲まれた若造 | トップページ | チームの逞しさ »