« 得た勝ち点1 | トップページ | 進退問題 »

情けない結果

 ユナイテッドにホームでダブルは食らわないようにと臨んだ試合でしたが、試合は思わぬ展開になりました。

 スコアは1-3。エミレーツでは初めてのリーグ戦でのユナイテッドの敗戦となりました。試合を決めたのは先制点ではないかと思います。ナニの右サイドからのクロスをアルムニアがはじききれずにオウンゴール。クロスがゴールに入りそうなところをゴール外に弾こうとしたのですが、きっちり弾ききれずにゴールインというシーンでした。もし触らなければパクが来ていたので入っていただろうと思います。しかしあそこで弾ききる自信がないのであればコースを替えるだけで良かったです。たらればはいけないですが、ゴールがオウンゴールなのとユナイテッドの選手のゴールであるのでは、アーセナルの選手は違ったと思います。正直今シーズンのアルムニアの表情はよくないとシーズンのはじめのほうで思いました。そして大一番でこのようなプレーをしてしまうと酷評されてしまいます。ビッグ4のゴールキーパーで見るとやはりアーセナルが一番下になると思います。ここにヨリスあたりをつれてくるのか、ファビアンスキとマンノーネを競争させるのかワカリマセンが、個人的にはもう見切りを付けるべきだと思います。このプレーは彼が一番ショックなはずですし、このままずるずるいかれるとチームも困ります。あとの2点はデニウソンがからんでしまいました。この試合はデニウソンとナスリはあまりよくなかったです。カウンターからのルーニーの得点のシーンでは、マークを外していましたし、3点目は彼のトラップミスで奪われてしまいました。彼の表情はさえていませんでしたし、彼らしくありませんでした。コンディションの差といえば、それまでですが、なんか煮え切らない結果でした。

しかしこの試合のユナイテッドはダービーから不思議な力をもらったかのようにすばらしい出来でした。ルーニーは守備のレスポンスが早いのもありますが、いい位置にいました。さすがというところですね。今年のピークが続けばイングランド代表にも繋がります。 

フェルメーレンの気持ち、ソングの気持ち、ギャラスの気持ちに、アルシャビンの気持ち、ロシツキの気持ち。それらに応えた選手はどれだけ居るのでしょうか。デニウソンの気力のない顔を見ていると心配でしたし、ナスリも消えてる時間が多かったです。セスクの表情は曇ったままでした。こういうのを見ると夏が心配なんですよね。

次はロンドンダービー。勝てるかというと。。。。ですがなんとかしたいところですね。

|

« 得た勝ち点1 | トップページ | 進退問題 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29945/33214539

この記事へのトラックバック一覧です: 情けない結果:

« 得た勝ち点1 | トップページ | 進退問題 »